病気にならないように対策

3か月に1回は行こう

歯医者では治療以外に、検診や病気の予防もできます。
虫歯の初期症状は自分で気づきにくいので、医師に見てもらってください。
また口内に溜まった歯石や歯垢といった汚れも、歯医者で落とせます。
それらは歯にこびりついており、普段使っている歯ブラシでは落とせません。

クリーニングをしないと菌が繁殖し、虫歯を引き起こします。
特に異常が見られなければ、検診とクリーニングで30分ぐらいです。
時間は掛からないので、忙しい人でも安心して利用できますね。
検診は、3か月に1回は行ってください。
半年や1年に1回など、3か月以上の間隔が空くと虫歯ができても気づかず、治療が遅れてしまいます。
検診の日が決まったら、忘れないようカレンダーにメモしましょう。

フッ素を塗ってもらう

最新の予防ができる歯医者では、フッ素を塗ってもらえます。
このフッ素を歯にコーティングすることで、汚れが付きにくくなるメリットを得られます。
予防に大きな効果を発揮できますが、フッ素を塗ってから30分が経過するまでうがいや飲食をしないでください。
このルールを守らないと、フッ素がすぐ落ちて効果を失ってしまいます。

また普段から、歯磨きの時に力を入れすぎないよう注意しましょう。
強い力を入れて磨くと、フッ素のコーティングが剥がれたり、歯の表面を傷つけたりする可能性があります。
すると傷に汚れやバイ菌が入り込み、虫歯を発症してしまいます。
正しい歯磨きの方法を知らない人は、定期検診の時に医師から教えてもらいましょう。